事故に巻き込まれた時己が自動車事故の被害者であったとしても

事故に巻き込まれた時己が自動車事故の被害者であったとしても、先方が手落ちを全く受容しないケースはたくさん聞くことがあります。マカ&クラチャイダム12000

例をあげれば、意識的に起こってしまったのではなく少し他のことに気がいったことで相手の自動車を激突されたケースで、そうした言い争いにつながってしまう場合がありそうです。レモンもつ鍋

そうであっても、その場で物損と片付けられて、時間が経過して後遺症が出た時に、通った病院の証拠となる診断書警察に出すのでは後手後手に回る感は否めません。刑殺

そうであるなら、自動車での事故の過失割合の取り決めにはどのような物差しが決まっているのでしょうか。

きちんと言うと警察署が認定するのは、核として事故の大きな落ち度があるのは関係したドライバーのどちらかという事であり、どちらに何割過失があるのかというわけではありません。

また、明確にされた責任者が警察から明らかにされる事は事態は有り得ません。

そんな訳で、割合は事故当事者の協議の結果により明確にされ、これが損害賠償額の基準になります。

この場合に、双方共に任意で加入できる保険に入っていない場合は、当事者同士が直接やり取りするしかありません。

しかし、当然の事ながらこういう協議では、理性的でない応報になる危険性が高いです。

この上、主張に差があればまかり間違うと、訴訟に入りますが、これは時間とお金のとても大きな負担は避ける事が出来ません。

ですから一般的には、事故に関わってしまったそれぞれのドライバーに付随する保険の会社、こういった双方の会社に交渉を全て任せる対応で、妥当な過失の割合がどうなのかを冷静に決めさせるのです。

そのような場合自動車保険会社はそれまでに起こった自動車での事故の事例の判決から算出した判断基準、判例集などをベースに仮定とやり取りによって過失割合を決めます。

とは言え、車の事故においては不幸にも関わってしまったのか巻き込んでしまったのかによらず、真っ先に警察を呼ぶのが絶対です。

その後、保険の会社に連絡を取り、この先の交渉をお願いするのが手順となります。

状況に応じた手続きさえ知っていれば、それぞれの無意味な交渉となるケースを回避できるに違いありません。

コンテンツメニュー

    Link