ロジックのうえでは

どこにでもあるはじめたばかりの人向けの外為取引の雑誌では、「損をした時にはナンピン買いで全体の買い付け価格を低くする事が出来る」などと説明されていたりする事もありますが現実にはこれには引っ掛けが待っています。ナースバンク さいたま市中央区

まずは、ナンピンの方法について分かりやすく述べます。節電生活簿

仮に1ドル100円でドルを買ったとする。コンブチャクレンズ 口コミ

ドル買いなので、円安に向うほど黒字が大きくなりますが、1ドルが95円まで円高方向に進んだとします。安い脱毛サロンRINRIN

この状況で所有し続けたらプラスになるためにはマイナス分、円安に進む必要があります。飛蚊症 三共漢方薬品 値段 高い

誰でも、マイナスは早めに無くしたいと思うでしょう。73-14-92

ここで最初に買ったのと同額の$(ドル)を95円で買い増します。ロデオ1年度あり

すると、全体の価格は97円50銭まで抑える事が出来ます。

2円50銭の幅でドル高に推移すれば、損失を取り戻す事が出来ます。

こういったことがナンピン買いの原理です。

このとおり、ナンピン買いのやり方を理解すると、「なるほど」という気分になるが相場はそう容易には上手くはいきません。

初めから、1ドル=95円より下がらないとはなんびともわからないのである。

たとえば、為替がドル安トレンドであるならば、1ドル=95円では下げ止まらずにさらにドル安が進む可能性がある。

例として、1ドル97.50円でナンピンを入れたにもかかわらず1ドル=95円までドル安になったとしたらナンピン買いしたポジションについても損が生じます。

その状態では、最初に売買したドルと合わさって、更なる差損を被ることになる。

このように、ナンピンは大変です。

それならば、相場が自らの台本とは逆の方向にすぐに行ってしまった場合、どんな対策で危険の確率を回避すればいいのでしょうか。

こういう場合には選ぶべき術は2つあります。

ひとつは潔くあきらめて損切りをすること。

もうひとつは持っている買いポジションを小さくする事で、再び市場がリカバリするのを黙って待つことだ。

少し主体性のない方法だと言う方もいます。

だがしかし、所有しているポジションに損が出た時有効な対策はそれ以外にはありえません。

無論、ロジックのうえでは、ナンピン買いを入れるという対策も効果的です。

だがナンピン買いは自分が損失を披っている状態にもかかわらず買いポジションを小さくするどころか、それとは逆に買いポジションを増やしていく手段です。

この方法では、リスクを管理することなど到底可能ではないと思うべきです。

ナンピンをしていけばその内損を取り返せるかもしれません。

しかし、それより前にお金は足りなくなってしまいます。

コンテンツメニュー

    Link