お客様に渡すべきかわかりにくいということがあります

クレカを店舗で使用する時に誰しも経験したことがあるのではと考えますが店頭の人が理解していないためにどの紙を利用者に渡すのか迷っていることがあります。

クレジットを決済すると、カード端末の方から利用レシートが出されるためでありこれらのうちどちらをお客様に渡すべきかわかりにくいということがあります。

数枚の使用レシートの正体:上記の3枚の使用レシートの解説は?ということの概要は、以下の内容になります。

1お客さんに保管して頂く使用明細。

2店舗控え利用明細。

3カード会社保管用明細(記名する紙)。

普通であれば客の方へ保管して頂く明細レシートを渡されるのですが、ごくたまに店舗控え明細をお客様のもとへ勘違いして渡すような場合の他記名をした利用レシートを渡してしまうパターンなどもあります。

アルバイトスタッフであったり、あまりクレジットカードというものが使われることのない店舗などにて利用する際こういったスタッフの動揺というものが体験できることでしょう。

いつの日か店舗スタッフが誤った明細を渡した場合は、冷静に「これじゃありませんよ」と言ってください。

コンテンツメニュー

    Link