為替の介入というもの

為替の介入というものを耳にした事がありますか?日本銀行が為替の介入をして新聞記事、雑誌、グーグルなどの記事でチラリと見た人も多いと思います。ライスフォース

元から為替介入(外国為替平衡操作)とは我が国では、・大臣(財務大臣)円の相場の沈着を実現させるために遂行する手段と見なされています。ボニック

簡単に言うと、極度の円高や円安になった時に財務大臣の指図に従って中央銀行である日銀が円を取引することで相場の安定を狙う、ことを言います。ホットヨガ 中央線

外国為替市場介入(為替介入)には種類があるのです。猫の運動不足を解消

1.単独介入・・・政府・中央銀行(日本銀行)が東京での市場で自らが市場に参加して為替介入(外国為替平衡操作)をする。即日借りれる消費者金融!来店不要のキャッシング

2.協調介入・・・複数の通貨当局が相談のうえ、各々の銀行などが金を以て同じタイミングもしくは小出しに外国為替平衡操作(為替介入)を行なっていく。

3.委託介入・・・国外の通貨当局に向けて外国為替平衡操作(為替介入)を任せる。

4.逆委託介入・・・日銀が海外銀行などと代わって為替介入を実施する。

こんなやり方です。

いずれの方法の為替介入も一時的、あるいは連続的に為替市場にたくさんの影響力を与えます。

外国為替平衡操作(為替介入)の額はやはり国家の面子をかけているのですからスケールが違うのです。

円を基本にして例えると、日頃は少しだけ変動する円レートが急に数円ごとの変動をします。

個人投資家の人であれば過去に経験があると思うのですがそこまでは問題なく含み益(あるいは損失)が増えていた保有高を持ち続けていたところに、保有高が決済したとのことで報告が外為の会社の発信でメールが来ました。

どれほど得したのかな(損したのかな)?と気にしながら決済された通達を見たところ自らが想像していたものとは真逆の事態であり目が点になってしまうことがあったのです。

為替介入(外国為替平衡操作)が行なわれるとよく起こることです。

以上のように為替介入(外国為替市場介入)を実施すると、為替市場の変動と逆の変動をすることがわかりました。

変化する額の幅は相当大幅に動くため用心が必要です。

コンテンツメニュー

    Link