不意に出会うのが自動車事故です

予期せず、不意に出会うのが自動車事故です。

その状況でどうやって行動したことがポイントとなり、保険料の受け取り額もかなり大きく異なるケースも予測できますので正確な判断と行動力が重要です。

考えていないハプニングに出会って平静さを失ってしまったならば必要な状況を見落してしまい、それからあなたが大きな損を受けるケースもありえるので自動車の事故をした場合は適切に次に記述した対応をしましょう。

交通事故を起こしてしまったケースで最初にするべき事は重軽傷者の確認です。

交通事故後は気が動転するあまり喪心状態になってしまう場合がありなかなか動くことができないのが現実です。

その場面では、怪我人がいたならば危なくないところに移動してから応急手当を施し、周囲の人に助けを呼ぶなど怪我人の優先に努めましょう。

救急車に連絡する場合には的確な位置を伝え、分かりにくい場面では付近のよく知られている建造物や番地名を伝えて事故の地点を特定できるようにします。

その後警察に通報して事故があった旨、そして状況を知らせます。

救急車と警察が来るのを待つ間に事故の相手の情報を確かめます。

名前、住所、免許証番号、車のプレート事故の相手の保険会社名と言った相手だけでなく自分のことを交換します。

その時に相手側に不手際がある時には、事故現場でやり取りしようとする場面が考えられますが即刻解決するのではなくどんな風な場合だとしても警察署や保険会社に届け出て公平にジャッジしてもらうようにしましょう。

関係者の身元を教えあったら交通のじゃまにならないために障害物を道の上からどかします。

万が一障害になる物が誰かの障害になっている時は、それぞれの情報の交換をするより早くこの対応を行っても問題は起こりません。

次に自分自身の保険会社に連絡を入れ、交通事故があった旨を連絡します。

一定期間内のうちに車の保険会社に報告していないと自動車での事故の保険の適用外となる場面も想定されるので素早く電話を入れることが大切です。

さらに交通事故の手がかりとして、手持ちのカメラや携帯で事故の現場や自動車の破損の様子を見ることができる写真を撮ります。

この証拠写真は過失割合を決定するかなり大きな手がかりとなりますので、自らのクルマや相手の車の状態をきちんと証拠写真として残しておくことが重要です。

近くに人がいたのなら警察や保険屋さんの人が辿り着くまで現場にそのままいてもらうよう依頼するのも重要です。

コンテンツメニュー

    Link