www.eastofthepark.org

自動車保険には自賠責保険ないしは任意保険に代表される2個の分類が販売されています。自賠責保険も任意保険も、もしもの事故に際しての補償を得るものですが内容は少し違います。2つの保険を見比べると補償が約束される条件が多少区別されているのです。※相手には、任意保険・自賠責保険で補償されます。※自分自身については、<任意保険>を用いて補償します。※自己の私有する財産に関しては、【任意保険】によって補償されます。自賠責保険単体では自分自身への怪我や乗用車への補償などは受けることができません。そして相手に対するサポートですが自賠責保険については亡くなった場合は最高3,000万円障害を負わせてしまった場合最高額で4000万円というように定められています。ただし実際の賠償金が上記の数字を上回ることは珍しくありません。相手のマイカー・建物を破壊してしまった場合事故を起こした者による賠償となると定められています。そのためにも任意保険が重要なのです。被害を受けた人の支援を重視する任意保険にはしかしそれ以外の内容があるのです。※事故の相手方に対しては死亡時あるいは傷害マイカーまたは不動産といった種類の対象物を賠償するのです。※自らへは、一緒に乗っていた者も対象として死亡時もしくは怪我を補償するのです。※自分の所有する財産においては車両を補償してもらえるのです。数々の面で賠償が安心できるものであるということが任意保険におけるメリットです。保険料金の払い込みは欠くべからざるものとなってしまうのはしょうがないですが、事故が起きた時の相手のためにも自分を安心させるためにもマイカーに安心して乗りたいのであれば任意保険にお世話になっておきましょう。

コンテンツメニュー